シマリス日記 * コジモモ

我が家のシマリス「小次郎」と「小桃」の日々を綴りつつ、まだ情報が
少ないシマリスとの暮らしの一例として紹介できればと思っています♪
過去記事へのご質問等ありましたら、その記事へコメント下さい。

photo

現在はシマリスと暮らしていませんが、いつかまた…と思っています
食べることと落語を楽しむ日々のあれこれ、時々リスネタを更新します

夏の花火@多摩川

15日に今年も多摩川の花火を見てきました。
六郷付近の土手は広いので、頑張って場所取りなんかしなくても
シートを広げる場所があって、のんびり見られる大田区の花火大会
が私は結構気に入っています♪

スマホのカメラに花火モードがあったので試しに撮ってみました☆
どんなカメラを使っても、火事?みたいな写真も撮れちゃうんですがw
なんか、悪いもん産まれそう!!!的なものも撮れてました(・∞・;;)
DSC_0502s


それでも、こんくらいは撮れるんで結構やるじゃん!XPERIA
DSC_0518s


煙が出ちゃうとどの花火も赤っぽく移っちゃう‥
DSC_0525s


手ブレしないよう頑張るのが大変なのはどのカメラも一緒
DSC_0536s


連発だと明るいねぇ〜
DSC_0545s


デッカイのと生まれたてのと
DSC_0549s


時計草ちっく
DSC_0564s



8月もあと2週間、早いなぁ・・・色々と頑張らないと。

柳家三三師匠と行く落語「鰍沢」をめぐる旅 

−−−△らの続き−−−

スタッフの皆さんは別の車で移動し、バスより早く到着しては
この立て看板を設置し、交通整理や案内をしてくれる。
どの方もとても親切に声をかけてくださり、おかげでツアーの
体験以外にも富士川町のことをより知ることが出来て愛着を感じた。
DSC04562


鰍沢三三会の袢纏
DSC04567



萬屋醸造店・酒蔵ギャラリー「六斎」
DSC04576


入り口の飾りが徳利とお猪口です
DSC04577


お酒のレクチャー中
小さなグラスを買うとそれで試飲の飲み比べができるのだけど
このあとの落語に備えてお酒は控えた。きっと眠くなっちゃうもん…
DSC04568


お神酒かな
DSC04569


限定発売の純米酒「鰍沢」
お燗が良いらしい♪
DSC04570


ラベルは三三さんの書
DSC04605


こんなところにもリスを見つけて反応w
DSC04571


二階のギャラリーでは登山家の写真展
DSC04573



交流センター「塩の華」
何年か前に雑誌でお勧めした記事が一緒に展示されてる
DSC04579


塩饅頭、皮がもちもちでしっとり美味しかった(*´∀`*)
DSC04611



復活!!富士川舟下り
ここがラストシーンで出てくる川ですよ〜ん
富士川は水量が下がっていて浅い所は20cm程度らしい
DSC04580


船2曹に分かれて乗船
DSC04581


ライフジャケットと日差しが強いので笠を借りて
(笠碁の笠ってこんなやつだよね?)
全然分からないと思うけど、一番の急流ヶ所!
DSC04583


船を漕ぐのを目の当たりにして、いかに大変かと思う
「船徳」「岸柳島」「夢金」なんかを思い出しながら風景を楽しむ

どこからともなく鳶が…
と思ったら船頭さんが油揚げを撒いて餌付けしてるのねw
DSC04587


さあ、だんだん集まってきましたよ
DSC04589


どんどん!
DSC04592


どんどん増えて!
DSC04593


急降下☆どひゅーん
DSC04594


油揚げ好きなのは鴨も一緒ww
DSC04595


再び、バシャーン
DSC04597


そして、鴨がおやつだ〜と大移動w
DSC04596



落語「鰍澤」鑑賞会
DSC04599


元々は昇太さんの落語会があったのだが、鰍沢は演らないので
「では出来る方を」というので呼ばれたのがきっかけなんだとか。
それが今では毎年続けられている「鰍沢三三会」 
地元の方に愛されてるなぁと感じた。
朝からツアーに同行してホスト役もこなしていた三三さん。普段の地方
公演とは違う疲れもあったと思うけれど2席を口演してくれた。

●「粗忽の釘」
 最近気に入っているんだな〜 この噺は連続3回め
 「鰍沢」はそれほど長い噺ではないので…と、それほど短くもない
 この噺を演ってくれるとは思っていなかったので嬉しい。
 落語会だけというお客さんもいるから、当初からそのつもりだったのかな。
 
 大きな箪笥を担いて引っ越しをするご亭主。昔、演歌歌手も担いてたなー
 とんでもなく粗忽者なのに、おかみさんを仕留めた時の勝負強さは凄い
 んだよね〜 ここぞという時は力を発揮するんだな、きっと♪

●「鰍沢」
 今日廻ったお寺などで聴いた話を上手にまとめて語ってる。
 「僕も今日知りました」なんて言ってた。練習する時間もなかっただろうに
 ぶっつけ本番なんだろうな〜 こういうのを才能というのかな。

 日中も夏日とうくらいの暑さのせいなのか、ここで笑いおきる?と思うところ
 で度々笑い声があり、いつもより明るくて、今までで一番笑いの多い「鰍沢」
 だったと思う。鰍沢の地は実はそれほど雪は降らないそうだけど、民家も
 辺りになく、吹雪の中の閉ざされた空間というシチュエーションは緊張感が
 あり外せないと思う。
 早朝からの一日の疲れが出たのか、あんまり集中して聴けなかった(≧ε≦o)
 暑い日差しを浴びたあとでなく、今日も寒かったね‥と言う日にもう一度聴きたい。

DSC04598



JR身延線「鰍沢口駅」解散
三三さんは私服だと甥っ子に似てると言われることが多いという。
和服を着てないと誰だか分からないと思われそうだが写真もOKですから
声かけてくださいと言われていても、なかなか言い出せなくてーーー
スタッフの方からも「師匠と写真撮れたの?」と聞かれて「休憩してるっぽいから
あとで・・・」なんて言ってたら機会を逃してしまい、落語会が終わったあとは
お客さんだけバスで駅へ。ガックシしていたら、ホームに三三さんが到着!
同じ電車で帰るんだー!!

お疲れのところすみません・・とお願いして記念撮影☆
DSC04600s


スタッフの方が2枚写してくれました(∀`*ゞ)
DSC04601s



企画のツーリストジャパンの方、鰍沢三三会の方、地域活性化関係のスタッフの方
協力のざぶとん亭の馬場さん、皆さんとても優しくて温かく迎えてくださいました。
三三さんは本当にホスト役に徹していて、こんな風に気を配ってくれるんだ…と
人柄を感じることが度々ありました。
おかげ様で終始気持ちよく過ごす事ができました。富士川町の事を色々と知ること
ができて(沢山の種類の洋梨、鹿・スッポン・米の話、ダイヤモンド富士
も見られるそうです)できれば違う季節にも訪れてみたいと思っています。

一人で参加したので緊張していましたが、普段人見知りの私でも(そうとは気づかれ
ないくらいだと思ってるw)観光中もバスの車内でも、昼食中でも廻りの方々と色々と
お話しできて楽しかったです♪

柳家三三師匠と行く落語「鰍沢」をめぐる旅 

−−−,らの続き−−−

懸腰寺〜法輪石
ちょっと見づらいけど、身延山から鰍沢へは鉄塔の少し左の
ルートで来たのではないかと地元の方の推測
あんまり雪深くはないという衝撃の事実も知る!
DSC04518


懸腰寺(下の方に見えているのが法論石)
DSC04519


ここにも鰐口(後ろが法論石)
DSC04520


このとてつもない大きな石の上にお堂が建てられているんです
DSC04521


縁の下から見た石 どかそうなんて考えてないんです!
DSC04524


誰が書いたか「三遊亭 四代目 圓生」
直筆かどうかは全くの不明なんだそうです
DSC04525


法論石の絵や飾り
(日蓮聖人がこの石を宙に留めて土地の法印を論破した場面)
DSC04522


DSC04523



右側になだらかな女坂があったけど
結構急な階段を登って徳栄山(小室山) 妙法寺
DSC04527


木組された三門は独特の重厚感がある
山梨県下最大なんだそうだ
DSC04528


年月を感じる木目
DSC04539


飾りも全て木で彫られたもののよう
DSC04529


木目と彫りの凹凸がいい感じに合っている
DSC04541



特別に楼上へ上がらせてもらい16羅漢を拝見
どれか知り合いに似てる顔があるそうですよ?
DSC04530


DSC04531


DSC04532


DSC04533


DSC04534


DSC04536



見下ろした瓦のきれいなこと!
DSC04544


角には鳩の飾りが…
DSC04546


10月なのに夏日という暑さ、空の色が濃くて本当に綺麗だった
曇空だったらきっと写真は撮ってない
DSC04538


なんてことない田舎町の景色も
DSC04537


欄間から覗くとまた面白い♪
DSC04549


櫓のようなものもあって、こちらも同じ造り
DSC04552


唐獅子の目が爛々としている
DSC04553


妙法寺でお参り
DSC04551


紫陽花が綺麗で有名なんだそうですが
富士川の町が一番賑わうのは桜の時期だとか…
山全体がピンクに染まってとても綺麗らしい♪
DSC04554


薄っすらと色づく葉が
DSC04555


DSC04556



そして、お弁当。おしぼりをどかし忘れたので
DSC04558


メニューw
「こしべんと」とは地元食材を活かした季節の味のお弁当のこと
DSC04606


とても美味しかった
DSC04559


昼食は三三さんの食べるのが早いことにビックリ!
前座の頃の小さん師匠より早く食べ終わらないとという修行のおかげでw
噺家は早食いが多いんだそう。お品書きと実際の料理に違うものがあった
ので、その説明をして場を和ませてくれた。
周りが食べ終わり初めて、私が焦りだすとスタッフの方に「ゆっくりで大丈夫」
と声をかけられつつ、頑張ったけど最も遅くなってしまい少し残す(≧ε≦o)

色の鮮やかな絵がいくつか掛けられていた
写真には撮らなかったが、犬が口から血を吐いて倒れている絵があり
何故こんな絵柄なんだろう?と思って後日調べてみたら、日蓮への土産の
毒入り饅頭を犬に食べさせたら死んでしまったという場面のようだった。
その後、護符を与えると犬は生き返ったという。
DSC04560


DSC04561


そう、噺にも出てくる「毒消しの護符」です!
これで間違ってしびれ薬を飲んでも大丈夫ww
頭痛でも効果があるということ。
DSC04609


どのお寺にも「井筒に橘」の紋があって、それは日蓮聖人のもの
だけど、丸に三文字はなんだろう?
DSC04563


小さな籠が天井から下げられていてちょっと不思議
DSC04565


窓飾りが可愛らしい
DSC04564


こっちは「井筒に橘」
DSC04566


−−−へ続く−−−

柳家三三師匠と行く落語「鰍沢」をめぐる旅 

10月6日 行ってきました☆鰍沢へ!
落語の記事はたくさん溜まっちゃってるけど、あまり時間が
経たないうちに鰍沢の記事だけはアップしちゃいます。
ツアースケジュールに添って、写真はあんまり吟味してないので
枚数が沢山あってごめんなさい。(いつもの通りクリックで拡大)

寒い時期に一度は聴きたい噺。でも、いつ何処で演ってくれるか…
それを舞台になっている鰍沢で聴けるという。なんと贅沢な☆
ということでツアーに参加してきました。

甲府駅で乗り換えて
DSC04507


JR身延線「鰍沢口駅」集合
無人駅なんて久しぶりです!(車内で車掌さんが精算してくれる
のだけど、SuicaやPASMOは使えないので現金のみ対応)
DSC04508



壽命山 昌福寺
DSC04510


ご住職の話はとても面白くて、もっと時間を取って聴きたいくらい。
落語「鰍沢」と良く似てる鞍馬の話。圓朝はどこまで知っていたんだろうか…
(キーワードだけ 鞍馬 鬼子母神 弁天 遊郭 材木 鰐口)
DSC04512


ちょっと角度が悪いけど、雨樋からの水を受けるようになっている
DSC04513


DSC04516


DSC04514


三三さんから参加者のみなさんへご挨拶
DSC04515


−−−△愨海−−−

久々のカメラ散歩@牛島の藤

4月29日にKちゃんと藤を観に行ってきました。
(写真整理を忘れていて、こんなに遅くなっちゃった)
藤といえば足利フラワーパークが有名なんですが、GWは
かなり混雑するだろうと、もう一つの藤の名所「牛島の藤」へ。

樹齢千二百年という牛島の藤も丁度見頃で、沢山の人で
賑わっていました。足利は柵の外から眺めるという感じ
らしいのですが、牛島は藤の花の真下で見ることが出来る
からより楽しめるという方もいました。

木によって微妙に違う花の色、甘過ぎない華やかな香り
とっても綺麗だったのですが写真に撮るのは難しい(・∞・;;)
大苦戦しながら色々と撮ってきたのでアップします。
( 写真はclickで拡大します)

こちらも久々にウェブアルバムにアップしたので
大きな写真だけまとめてみられます。
牛島の藤



では、園内の看板からw
DSC03953s


藤棚の下は木漏れ日が綺麗
DSC03837s


満開の藤の花
DSC03830s


見事な花つき
DSC03844s


蘭の花と似てるな〜と思うけど、蘭はラン科、藤はマメ科フジ属
DSC03839s


花のれんみたい
DSC03840s


立派な枝ぶり
DSC03861s


一面の花は別世界のよう
DSC03857s



元々の幹はこんなにも割れて巻いている
DSC03869s


四方八方に枝を伸ばし
DSC03873s


藤棚の上にぶら下がるようにして生きている
DSC03870s


その驚きの面積
DSC03850s



園内の他の花もちょこっと
DSC03863s


DSC03871s


DSC03865s


DSC03896s



ここからは別の藤棚。花の色が少し違います。
下から見上げるとつるし雛のよう
DSC03882s


いい出来じゃないんだけど、なんか好きな一枚
DSC03887s


良い香りに大小の蜂がたくさん寄ってきます
DSC03889s


花は小さいけれど、満開は迫力あり
DSC03904s


藤が降ってくるみたい
DSC03910s


ゆらゆら揺れる様子も綺麗です
DSC03927s



藤の花にも色々あるけど、やっぱり藤色というくらい
だから薄紫が一番しっくりくるかも
DSC03915s


DSC03933s


DSC03936s


DSC03945s



藤の花をたっぷり堪能してきました♪
DSC03946s





そして、駅まで戻って面白い壁画を紹介。
最初は「あ、リス!」と目についたんだけど、他にもずーっと
一面に色んな場面が描かれていて歩く人を楽しませてくれます♪
DSC03826s


DSC03958s


DSC03957s


DSC03956s


DSC03955s


古いメガネ店の看板 このお店はまだあるのかなぁ
DSC03954s



牛島駅の近くの「魚元」でランチ♪
DSC03961s


どど〜んと大名御膳!
DSC03969s


食べきれないほどの大椀にごはんとお味噌汁
DSC03970s


デザート盛り合わせをほぼ完食o( ̄ー ̄;)ゞ
DSC03975s



そして、しんちゃんの町☆春日部へ移動〜
DSC03976s


観光協会の「プラットかすかべ」ではしんちゃんを大フューチャー
DSC03997s


しんちゃんの知識ゼロの私ですが
DSC03996s


色々と貴重なものも
DSC03995s


展示してあって面白かったです♪
DSC03994s



春日部は彫刻の町なのか?橋にモニュメントが。
なぜパンツだけ履いてるのか気になったけど…
DSC03978s


タイトル見て納得w なんてたって「ジーンズ夏」ww
DSC03980s


不思議なポーズとタイトルの「フォーム」や・・
DSC03982s


「茉莉花」もよくわからんちん
DSC03985s


町中にもフクロウのモニュメントがあったりして
DSC03991s


春日部、独特な町でした(。・ω・。)ノ~
DSC03983s

ぽぃ散歩

ちぃさん追悼という訳なないけれど、タイトルそんな感じにしてみましたw
(お出かけした直後にタイトルだけ書いてたんだけど、その頃はそんな
時期だったんですねぇ…だいぶ日にち経っちゃいましたが・・・)
内容的、にはぶらり途中下車って感じで、東上線沿線をちまちま移動し
ながらまだまだ残暑の厳しい8月下旬、Kちゃんとお散歩してきましたよ〜

まずは下板橋で下車してランチからのスタート☆
「クチネッタ・トミーノ」は家庭的な温かさのあるイタリアンのお店
DSC03326s


窓際の席は明るくいい雰囲気♪
DSC03327s



パスタランチはお手頃価格ながらも素材の味をしっかり味わえるプティコース
スープ、パスタ(数種類から選ぶ)、フォカッチャでなんと800円!

ガスパチョ
暑かったので冷たいスープが嬉しい
いろんな野菜の味が夏バテ気味の体にしみわたるように美味しかった♪
DSC03328s



パスタは二人でシェアしました。
鴨肉のラグーソース
これはプラス料金のかかるメニューだったけれど、頼んで正解☆
と思える鴨肉のコクのある出汁がパスタに絡んでウマウマ
DSC03331s


夏野菜とエビのオイルソース
彩りも綺麗な夏らしいパスタ
DSC03333s


自家製フォカッチャ
DSC03334s


これからの予定を考えて軽めのランチにしましたが、食べごたえは十分
また来たくなるお店でした(*´∀`*)


大山へ移動して商店街をプラプラ
私の住んでいる所にはこういう商店街がないのでとっても新鮮!
野菜やフルーツを見ては「安っ」と驚く私達。住んだら面白そうな町です。

閉まっているお店の前でお猿さん発見☆
DSC03336s


猿回しがはじまる前の準備中にちょっと黄昏気味
DSC03338s


人にも犬にも動じない風格あり!なんだけど…めっちゃ猫背w
DSC03339s


このあと商店街をちょっとそれたところで小さなお祭りを見物
東北の屋台がたくさん並ぶ中、お腹は一杯だし・・・って事で
冷あま酒を飲んで一休み。 浴衣姿のブラスバンド部?みたいな
人たちが演奏してるけど、炎天下のあまりの暑さにちょっとうわの空
で聴く。管楽器は触ったらやけどしちゃいそう(≧ε≦o)
暑さに負けて写真一枚もなしヾ(・ω・o)


上板橋へ移動して「板橋区立教育科学館」
ここは、いろんな展示が無料で見られるという面白いところ
科学に関するいろんな展示があるんだけど、宇宙っぽいコーナーには
宇宙服が飾られていて、顔を入れて撮影出来るようになってる♪
DSC03340


エレベーターは移動中照明が消され、天井に宇宙のライトアップ☆
DSC03346s


色も変化してとても綺麗
DSC03347s


結構無造作に置かれている恐竜の骨。写真はエドモントサウルスの脚
信じない人がいるのか、「実物です」と書かれてますw
DSC03348s


こちらはトリケラトプスの頭 その大きさにビックリ!
DSC03350s


ちょっと分かりにくいけど、カーブミラーを通して
空を見てみよう的な展示
DSC03353s


竜巻発生機
この中に立てるんだけど、七年目の浮気のマリリンみたいにはならなくて
空気の流れを遮ると竜巻も消滅するという実験が体験できるw
DSC03354s


プラネタリウムは有料だけど300円
季節や時間帯によって子供向けや大人向けがあります
投影機が格好いいです
DSC03357s


別のアングル
夏の星座のエピソードなど楽しかったです(*´∀`*)
DSC03362s



このあとは東武練馬へ移動
おしゃべり好きで個性的な店主のいる雑貨屋さん「PUKKA PUKKA」
かなりの時間をおしゃべりで過ごす(∀`*ゞ)


気になっていた「パティスリー・シオヤ」は全部食べたい♪と
思わせるようなお店
すぐに帰宅しないので生菓子は諦めて焼き菓子とパンを買う
DSC03385s


どれも美味しかったです♪
DSC03382s



そして、夕飯は予約しておいた「棟梁」

魚介が本当に美味しくて、珍しいものも扱っています
数年前に一度行って、Kちゃんにも大プッシュしていたお店です
DSC03378s


前に行った時はフジツボや亀の手なんかも頂きました
メニューの95%くらいは魚介で、お肉料理は少しだけなんです
DSC03379s


まずは瓶ビールで乾杯☆ 黒ラベル、やっぱり美味しいなぁ
お通しは茄子の煮浸し お出しをたっぷり含んだ上品な味
DSC03364s


予約時に頼んでおいた刺盛 どれも新鮮で本当に美味しい☆
14種ウニも入って3000円という安さですv
DSC03366s


つぶ貝の煮付け(冷)
DSC03368s


Kちゃんのヒレ酒 いい香り、色、味の三拍子揃った一杯
DSC03369s


白えびの唐揚 驚きの甘さと香ばしさで箸が止まらないw
DSC03374s


〆は牛テールうどん これもいい味でてたな〜
温かいスープでホッとする一杯。
DSC03377s



棟梁は広いお店じゃないけれど、人気店なので席はほぼ予約で一杯
料理人はご主人お一人なのでオーダーしてから出てくるまで少し
時間がかかります。興味のある方はまずは予約を。そしてその時
刺盛やなにか一品お料理もオーダーしておくことをお勧めします。
店内メニューにも美味しそうな料理がたくさんあるので、行ってから
の料理選びと出てくるまでの時間も楽しんで欲しいお店です。


沿線の旅は移動距離も長くないし、飲食店以外はコジャレたところもなく
どちらかというとモヤモヤさまぁ〜ず的なブラブラでした(≧ε≦o)
意外と知らない沿線の旅、食いしん坊は大満足です♪

花火

8月15日、実家へ行って多摩川の花火大会を見てきました
去年は震災の影響などで中止になったため、今年は2年ぶりになった
花火を見ようと例年より多くの人が集まっていたようです。


多摩川の土手は結構広いので、たくさんの人がレジャーシートを広げ
飲み食いしたり、おしゃべりしながら暗くなるのを待っています。
DSC03186s



風の抜ける土手は気持よく、夕日が沈んでしばらくすると開演です。
DSC03187s




前回は設定どのくらいにしたんだっけ‥?と思いながら何枚か撮ってみたら
こんなんばっかり(≧ε≦o)
DSC03196s



いろいろ設定変えてみて、ちょっとマシ?
でも、なんだか綺麗っていうよりおどろおどろしいなぁ…ヾ(・ε・。)
怪奇現象みたいw
DSC03224s



風も強かったせいか、あまり高く上がる花火がなくて撮影は
難しかったけど、何枚か載せてみます♪

DSC03225s



DSC03227s



DSC03232s



DSC03246s



DSC03247s



花火を見るとやっぱり、日本の夏って感じがしますね(*'v'*)



そして、〆はケーニヒスクローネのカップデザートです☆
抹茶、マンゴー、マロン
DSC03252s


ひとりで3つ食べたんじゃないのよ(。・ω・。)ノ~

春の花

今年の桜はまだかな〜まだかな〜と思っていたけれど
やっと咲いたら今度は寒くてお花見という気分じゃなかったなぁ…
でも、カメラを持って近所をブラブラ撮影だけしてきました。

季節が戻ったようでも、空は雲もなく綺麗で桜を堪能しました。
もう時期も過ぎちゃったし、写真をつらつらーと並べておくので
和んで頂けたら嬉しいです♪
(いつものように写真はクリックで倍の大きさになります)


DSC02817s



DSC02818s



DSC02820s



DSC02825s



DSC02827s



DSC02828s



DSC02831s



DSC02838s



DSC02840s



DSC02844s



街ではハナミズキが咲いていますね〜
我が家ではブルーベリーが咲いています。羽衣ジャスミンもそろそろ‥
春はいろんな花が次々と楽しめていい季節ですね(*´∀`*)

ブラpoin☆明治神宮

できることからコツコツと!的更新状態ですがw
コツコツって苦手です(≧ε≦o)
ブログを書くのは嫌いじゃない割に、なかなか進みが悪いけど
と言い訳しながら3月20日に明治神宮へ行った時の写真です☆

私、初めてのパワースポットでした(*´∀`*)
いつもカメラ散歩を一緒にしているKちゃんに教えてもらって
清正井が有名だけど並んでるし、有料だし、携帯の待ち受けにすると
いいって言われてるけどそれはちょっと・・と思って、パワーの引けを
とらないという所に行ってパワーを浴びてきましたよ(∀`*ゞ)
(写真はクリックで倍のサイズに拡大します)


参道入口の鳥居
この楠並木の参道をジグザグに歩くといいらしいです
DSC02751s




お天気も良くて、原宿のすぐ裏とは思えないくらい
多くの木々に囲まれて、それだけでリフレッシュした気分です
DSC02754s




本堂の入り口 (クリックお勧め☆)
DSC02758s




空が青くて、鳥居も映えます
DSC02761s




木肌の凹凸が年月を感じさせてくれて格好いい
DSC02762s




門扉には立派な五三桐の透かしが
DSC02769s


別の扉には十二弁の菊 
正式の天皇の菊紋は十六弁だそうです。そこら辺の訳はこちらをどうぞ
DSC02774s




日本の美という感じ こちらの菊は十六弁です (クリックお勧め☆)
DSC02775s




森に囲まれてるような神宮です
DSC02777s




もっこもこの楠の向こうに本堂が
DSC02771s




この左側のが有名な夫婦楠
パワーがゆんゆん出ているところです( ((゚∀゚)) )
DSC02778s




2本の楠に立派なしめ縄がかけられています
DSC02780s




この密集した小さな葉がモコモコ感を出してるんですね〜
DSC02781s




パワーをたくさん浴びて、力みなぎったはずv
私はそういうのを感じるタイプではないけれど、都会の真ん中で
緑に囲まれた空間にいるという贅沢な気分と、森林浴効果で
スッキリした気分になれました(・∀・)

明治神宮はおみくじなないけれど大御心というのがあって
私が引いたのは昭憲皇太后御歌の「謙遜」というものでした。

 高山のかげをうつしてゆく水の ひききにつくを心ともがな

「心は高く、身はつつましく」ということを詠んだものだそうです。
確かにね、私に足りないところなんだよなぁ(特に職場で)
とこれを見た瞬間ハっとしました。
数ある大御心の中からこれを引き当ててしまうとは…
神宮様はお見通しなの〜?とビックリな一コマ(。・ω・。)ノ~



********************************


ここからは街をぶらぶら。。。


グリーンが這う可愛らしい建物は美容室?
DSC02783s




ドアノブが・・・
DSC02785s




ランチはイタリアンなうどんがウリのうどん伊呂波
和風もあるけれど、パスタのようなトマトソース、クリームソースなどのメニューが多い
どれも美味しそうで迷いに迷って選んだのは…

私はアボカドとエビの和風クリームおうどん
クリームソースなんだけど鰹節とノリが効いてて、食べているとツンと辛い
わさび菜がいいアクセントになってました
DSC02787s




Kちゃんの里芋とホタテの柚子クリームおうどん(冬限定)
味見させてもらったんだけど、柚子胡椒が絶妙。癖になる味♪
DSC02788s


で、この間鶏肉と舞茸の柚子胡椒クリームソース作ってみました♪



そして、ぶらぶらを再開してcandy show time
手作りで飴を作っているショップで、撮影OKだったので撮らせて貰いました
熱々の飴をハサミで切って色をつけているところ
DSC02790s




にょばーっとしているので手早く、がコツのようですょ
DSC02792s




白いのを巨大フックに引っ掛けては伸ばし、というのを繰り返します
かなり力のいる作業だということだけど、女性も頑張っていました
DSC02795s




出来上がりはこんなラブリーな柄に☆ これ、鉛筆くらいの太さの金太郎飴
みたいなやつなんですよ〜こんなに小さな模様がつくれるんですね(・0・。)
柄は他にもたくさんの種類があって楽しいです。
DSC02803s




歩き疲れてお茶とケーキで一休み(*゚ー゚*)
そしたら陽も暮れてきて、クリスチャン・サイエンス教会が良い感じ
DSC02798s




この日見つけたリスちゃん(´∀`*) 雑貨屋さんの手描き看板です
手描きでこんな可愛いリスが描ける店員さんのいるお店、いいね☆
DSC02801s

一富士二鷹三落語(´∀`*)

明けましておめでとうございます。
お正月もあっと言う間に過ぎちゃいました…
お出かけも一段落したのでそろそろブログの更新を〜
と思いつつ今日も一日が早く過ぎてこんな時間ヾ(゚0゚*)ノ
今年もゆるゆると更新していきま〜す。


一富士二鷹三茄子とは初夢に見ると縁起が良いとされる順
でも、茄子の夢なんて見る人はなかなかいないでしょうね?
茄子と成すをかけていると言われているんだとか…


私の初夢はちっとも良いものではなかったので
せめて身近なもので縁起を担いでみましょうか(。・ω・。)ノ~


まずは自分用に買ったおめでたい絵柄の手ぬぐい「瑞雲」です
山は富士かどうかわかりませんが、幸運を予兆する縁起の良い雲なんですよ
手ぬぐいには辰や富士の絵柄も沢山あるけれど、どうも男性が持った方が似合い
そうな感じがしてしっくりこなかったんですが、これならいいな♪と選びました
img56942705s



続いては「鷹」(写真は2011年11月に撮影したものです)
今年は浜離宮へは行かなかったんですが、ちゃんと写真はあるんですよ〜
この催しがあるまで知らなかったけれど、私の住んでいる地域は江戸時代
徳川家の鷹場があったそうなんです。それにちなんだ企画展があり、関連
イベントの一つとして放鷹術実演が近くの大学のグラウンドで行われました。


すごく立派なグラウンドで、芝が厚くビッチリと茂っています
DSC02227s




説明してくださったのは日本放鷹協会の室伏さん
とってもわかりやすく、聞きやすかったです
手に乗せているのはハヤブサです。ハヤブサはとても視力が良く
遠くの獲物も視界に捉えて飛び立ってしまうので目隠しをしています。
DSC02235s




鷹は目隠しをせず、場に慣らすため鷹匠が歩いています
DSC02236s




去年見た渡りの技で違うのは餌箱をコンコンと叩く合図で
DSC02244s


鷹がやって来るところ!リスと同じ〜と言ったら怒られちゃうかなw
DSC02245s



こちらの鷹匠さんから
DSC02254s


低空飛行で
DSC02255s


あちらの鷹匠さんへ
DSC02256s


どの鷹も良い子に渡りの技を披露してくれます(´∀`*)
DSC02270s




次は振り鳩という技
ずーっと向こうで紐の付いた擬似餌を振りはじめました
DSC02276s



手前にいる鷹匠さんから疑似餌めがけて鷹が飛び立ちます!
DSC02277s



鷹を十分に惹きつけて
(右側の真ん中より少し下に鷹が飛んでいるのが分かりますか?)
DSC02278s



上空でキャッチ☆
DSC02279s



鷹匠と鷹の息の合った技、お見事でしたv(´∀`*v)
DSC02280s





そして、お正月。今年は寒いし11月に鷹も見れたので浜離宮は
パスして…初笑でも・:*:・(*´∀`*)・:*:・と鈴本演芸場へ

お正月の寄席ってねー、とっても豪華キャストなんですよ
オールスターな感じ(*´∀`*) 一人の時間は短いけれど
この出演者を一度に見られるなんて贅沢ぅ〜ってことで
第三部の当日券を並んでGET! キャンセルが出たとかで
結構いい席で見ることが出来ました。

(並んでいる時、第一部の出番を終えた三遊亭歌之介さんが列の私たち
に向けて「お寒い中ご苦労様です」と声をかけて下さいました♪
常連さんを見つけた風でもあったんですが、ご自分の高座ではない
他の会の券を求めて並んでる人々への優しい言葉、有難かったです。
冷え切った体がちょっと暖かくなった気がしました)

師匠からのお宝です☆
DSC02332s


落語意外ではコマ回し、獅子舞や紙切りなど。落語の演目も
「初天神」や市馬さんの「高砂や」とおめでたい噺も聞けました。
三三さんは「加賀の千代」、小三治さんは「一眼国」
たくさん笑ったから福を呼び込められたらいいなぁ〜(*゚ー゚*)
皆さんにとっても楽しい1年でありますように♪
ではでは、今年もどうぞ宜しくお願いします(´∀`*)
小鈴(poin改メ)
pp-1

6月24日生まれ A型
初めて結婚したいと思ったのが
近所の雌犬:ポインターのpoin
だったというエピソードを持つ
食いしん坊なリスバカです
小次郎
p2-k070722-465s

2004年春生まれ ♂
6月13日にお迎え(36g)
2010年5月15日 永眠

パンダ座りが得意で
ロン毛で匂いフェチな
愛妻家でした
病気と果敢に闘い完全燃焼
して天へと旅立ちました
(写真は2008年のもの)
小桃
p2-m071216-722s

2004年春生まれ ♀
8月29日にお迎え(80g)
2009年9月28日 永眠

コジから熱烈に愛され
私達とも仲良しで肩に
乗るのが大好きでした
今は空の上で5匹の天使達と
楽しく過ごしていると思います
(写真は2008年のもの)
Archives
コジモモ内検索 type A
コジモモ内検索 type B
twitter
facebook


Recent Comments
Blog Links blogpeople
Banner
ご自由にお持ち帰り下さい♪

banner-01

http://kojimomo.blog.jp/
Recommend
詳しくはこちらの記事を見てね☆


【送料無料】ザ・リス

【送料無料】ザ・リス
価格:2,520円(税込)




【送料無料】リス

【送料無料】リス
価格:1,050円(税込)







キクスイ 鳥餌専門店
kikusui



BIRD MORE 鳥専門店
bbirdmore



ドキドキペットくん
餌・用品通販サイト



ナチュラルラックス リス
 楽天最安通販サイト
■シマリス、タイワンリス、エゾリス、キタリス、モモンガ、ムササビなどに!【Happy Holiday's...




TAMAYA 小鳥かご専門店
tamaya



e−ペット屋さん
小動物専門店




きゃどっく
ペット用発酵食品
cadoc



パナキュールE
発酵パパイヤ加工食品
panacure



ネクトンS
鳥用総合ビタミン剤
Your gadget
booklog
message

名前
メール
本文
Access graph

    Access counter
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    QRコード
    QRコード
    attention
    詳しくはこちらの記事を見てね☆

    hantaiR165165



    • ライブドアブログ