シマリス日記 * コジモモ

我が家のシマリス「小次郎」と「小桃」の日々を綴りつつ、まだ情報が
少ないシマリスとの暮らしの一例として紹介できればと思っています♪
過去記事へのご質問等ありましたら、その記事へコメント下さい。

治療

現在はシマリスと暮らしていませんが、いつかまた…と思っています
食べることと落語を楽しむ日々のあれこれ、時々リスネタを更新します

ネブライジング用ケースのパーツ

今日はお問い合わせがあった件のお返事の記事で
2010年3月15日の記事で書いた「New ネブライザー」の記事の補足になります


ネブライジング用に自作したケースのパーツ
この部分のことを詳しくお伝えします
DSC06024s




この部分は4つのパーツで構成しています
DSC09892s


1 ホースと連結するコネクター(ニップルとも言うらしいです)

2 パッキン

3 パッキン

4 ナット




セットしたところはこんな感じ
DSC09896s




商品はホームセンターの水道関係のところで揃えました
まずは1のコネクターから選びますが、ネブライザーに付属しているホースの
内径に合うものを見つけて下さい。ホース持参で買いに行ければベスト!
差し込み部は傾斜が付いているので緩すぎず隙間なく合わせられるものを




次に4のナット、aやbのサイズを見て合うものを選びます
写真のように多くは高さ分全部ネジが切ってないと思います
(手前はネジの溝がありますが、奥は平らです)

DSC09899s


全部ネジが切ってあるものもありますが、かなりごついようです





お店の人にお願いしてOKでしたら、袋から出して合体してみて下さい
ナットを最後まで回しても写真のように隙間ができます=Cの部分
DSC09902s


この隙間があるとケースにセットしたときカタカタしてしまうので
実際にセットするケースの厚みを考えて2、3のパッキンを選びます
隙間が埋まればパッキンは1つでも大丈夫です



ネブライジングをするときに動物を入れるケースに穴を開ける時は
コネクターのbのサイズに合わせて、なるべく高い位置がお勧めです
ホールソーという円形の穴開け電動カッターで開けますが
ホームセンターで加工サービスをしてくれる所もあるので相談してみて下さい


蓋に開けた通気用の穴は空気の流れを考えて吹出し口の反対側に
くるようにしてあります。空気の出口が無いと入りも良くないかと。
密閉したケースに噴霧を続けていると気圧も変わると思うので
穴を空けてあれば中にいる動物への影響も少しは減らせるかと思います。

ホメオパシー療法 英国で効果を否定

先日、新聞で気になる記事がありました

ホメオパシーが保険適用で治療を受けられていた
英国で効果を全面否定されたと言うもの。



2010年7月31日付 朝日新聞東京本社朝刊beから
「問われる真偽 ホメオパシー療法」


編集部のブログ「こちらアピタルです。」より
「ホメオパシー療法、信じる前に疑いを」


「日本ホメオパシー医学協会」


読売と朝日の詳報記事のブログ





ホメオパシーは穏やかな効き目があり副作用も少なくペットにも
使える良いものという認識があったので驚きました。

効果を実感している方も多くいるのでしょうが、様々な検証がなされ
出た結論はなかなか覆りそうにありません。
公的医療がら外すよう政府へ勧告がされた英国では今現在治療方法が
選択出来た方がよいという見解から保険適用は続行されています。



先日読んだ本によると、こういった情報発信としては学会発表と
論文報告があり、学会発表というと正式なものというイメージがあるけれど
科学的評価としては不十分で、研究の価値は信頼性や重要性についての
審査を経て、専門誌に論文として報告されて初めて科学的評価の対象に
なるのが普通なんだそうです。
今回のショッキングな情報も論文発表なので信頼性は高いと思われます。


ただ、薬の代わりはならくても気持ちが上がるアイテムとして
取り入れるのならマイナスにはならないのではないかな〜と
個人的には思います。



先日の腫瘍の記事にも書いた通り、どんな情報でも将来新たな事柄が
判明し、結果が覆る可能性があると言うことを覚えておかなければと
思いました。

自分の信じているものを否定されるのは受け入れがたいでしょうが
ニュートラルな状態で様々な情報に耳を傾け、その都度自分なりに
考えてチョイスしていけたらいいと思っています。

そして、治療にいろんな選択肢があるならば様々な角度から検証して
ひとつの治療だけでなく、(ケースバイケースですが)合わせ技や
段階を踏んでのアプローチなど専門家と相談しながら一番良いと
思える治療の選択が出来ればと思います。



*追記はリンク切れになった時の為、記事のコピーです
続きを読む

腫瘍の治療について

2007年07月28日に書いた「腫瘍について考える」ではコジかモモに
腫瘍が出来るような事になったらこんな治療をしてはどうか?と思っていました

それから月日が経ち、いろんな病気のケースや治療の事などを聞いたり
読んだりして、気持ちは少し変わってきていました。

実際にコジの目の上に腫瘍が出来て手術も無理、根治は難しいという
局面に立ったとき、どうすることが最善なのかとても悩みました。

k10-177



コジにどれくらいの時間が残されているのか分りませんでしたが
最初の頃は痛みや苦痛を和らげる緩和ケアのような事が出来れな
いいなと思っていました。

最初に書いた2007年の時に読んだ核酸やメシマコブの治療も考えましたが
飲ませるのに苦労しそうなことや、コジが極端に嫌がる事を毎日続け
治療とはいえストレスが大きくなるのは望ましくないと思い選択肢から
外しました。随分あとでメシマコブ入りのクッキーをあげた時も
さっぱり食べてくれませんでしたが…

副作用が強かったり体に大きな負担のかかる治療はせずに
生きる力を全うさせてあげたい。生きていく上での栄養バランスは良く
ガン細胞が喜ぶものをへらし、抗ガン作用のあるものを多くあげるように
しようか?コジがどれだけ食べてくれるかは未知数だけど…

こんな事を言っていた私にうさ吉さんが本を2冊送って下さいました。
人間とリスでは体の仕組みや必要な栄養素も違うので全てが当てはまる訳では
ありませんが、病気と闘う体作りや集めた情報の見方などとても為になりました。
この時同梱されていた玄米フレークやクランベリージュースはとても理に適って
いるチョイスだったのだと読んで分りました。

この2冊の事も紹介します

*********************************************************************************

「がん」になってからの食事療法―米国対がん協会の最新ガイド

「がん」になってからの食事療法―米国対がん協会の最新ガイド



世の中に「癌に効く」と言われているものは数多くあり癌にかかった人は
何を信じ、取り入れれば良いのか迷う事でしょう。
この本は、「がん生存者」が選択するときに役立つ情報(科学的根拠の有無や
実際的な問題)を現在予防策として広く使われている「米国対がん協会」の定
めたガイドラインを元に作成された報告書です。

日本ではがんと診断されて治療をしている人を「患者」と言うけれど
米国では「がん生存者(サバイバー)」と呼ぶんだそうです。


サプリを例に挙げると
抗酸化物質ががん治療に有効としている人もあるが、放射線療法や化学療法の
効果を弱めてしまうおそれがあるという人もいる。
放射線療法や化学療法による細胞へのダメージをビタミン剤が保護するという
人もいる。
専門家の研究結果も一致してないのが現状で、適切な助言としては放射線療法や
化学療法を受けている方はビタミン剤を飲む場合には摂取してもよい許容量を
守ること、抗酸化物質を含む物は避けるべきと書かれてました。


このように他の食材や食事療法、栄養素の事がピックアップされ、その情報が
紹介されています。ひとつの研究結果だけでなく、確かな情報の元「利益が証明
されている」から「有害な事を示す知見がある」まで7段階の評価がされている
ので大量にある情報に迷う前に読むとスッキリする本だと思います。



試験管や実験動物の研究で一部には単一のビタミンやミネラルを多量に用いた
場合の効果の可能性を示唆するものもあるが、実際の人間を対象とする疫学研究や
臨床実験で安全性や有効性を確認したという証拠は殆ど無いと言うことです。


以前は安全で効果的とされていたβカロテンは大規模な臨床実験でヘビースモーカー
の肺がんリスクを高くする事が分った。と言うような例がいくつも紹介されていて
以前サプリの記事にも書きましたが、様々な栄養素は一日の摂取許容量があり
体に良いとされているものでも、その許容量を超えると有害な副作用となる事がある。
と言うことを再度書いておきます。



大事なのは医師と相談の元、許容量を超えない範囲で様々な栄養素を食事から摂ること。
低カロリーや低脂肪などを考えるより、十分なエネルギーを摂り適切な体重を維持すること。
そして、現在は有益とされているものでも、研究が進み将来は覆る可能性も
あることを覚えておくこと。



*********************************************************************************



今あるガンが消えていく食事 (ビタミン文庫)

今あるガンが消えていく食事 (ビタミン文庫)


この本を読むまでは食事療法とは、手術や薬に頼らず食べる物の作用で
体を改善していくものだと思っていました。

現代医学のガンにおける三大医療は「手術」「抗ガン剤」「放射線」だが
それだけでは限界があり、手術でせっかく病巣を取り除けても日常生活を
変えていかなければ転移や再発の可能性があります。
三大医療に加え、患者さんの条件を考慮し栄養状態を整え、免疫力を高める
コンビネーションこそが食事療法であり、治癒率は飛躍的に高まるのだそうです。


ガン細胞が小さくなった、数が減った、数値が正常になった等々
信じられないような事例がいくつも紹介されています。
そこまでの影響があるとは思っていなかったので、読み始めた当初は
たまたま成功した事例ばかりを紹介しているのでは?と思ったりしましたが
読み進めていくときちんとしたデータや根拠があることや、ガンと闘う為の
食事療法はちょっと健康に気を使うレベルではなく、長く実行するには
それなりの努力も必要なのだとわかりました。

患者さんの栄養状態を良くし体力をつける目的と良い効果を得るには
とてもたくさんの種類の食材をたくさんの量、毎日食べ続けなければ
いけないのです。ガンをやっつけようと思ったら生半可な気持ちでは
ダメなんですね。食材選びも農薬や抗生物質が使われてないものを
選ぶ事も大事との事。


他にも、ガンを引き起こす食材の主な4つが紹介され食事療法の
基本方針が8項目にわたって紹介されています。
著者の編み出した「済陽式」の他、参考になっている「星野式ゲルソン療法」や
「甲田式健康法」などの違いなどにも触れています。


毎日食べる物の積み重ねが体にはダイレクトに影響してくると思うと
忙しくてもおざなりにしてはいけないんですね。難しいけど・・
自分の食べる物は自己責任、私が用意するペットの食事には飼い主で
あることの責任が大きくあると改めて思いました。
好き嫌いする子や忠告を聞かずに醤油やソースをたっぷりかける家族には
困っちゃいますが(≧ε≦o)



*********************************************************************************


病気が発覚してからもかなり元気な状態が続き、それまで食べなかった
野菜類も食べるようになってくれたりして、コジと意思の疎通がはかれた
ようでした。今も豆苗を見る度コジを想いだしています♪
少しは体に良い影響もあったかなぁ…


治せない病なら、嫌いな薬を飲ませ続けるよりもホメオパシーなどで
自然の力に助けられるような穏やかな作用をとも思っていました。
しかし、みつばち花粉を嫌ったコジはプロポリスを好むとも思えず
匂いにも敏感なので、コジに合った治療とは思えなくなってきました。
桃ちゃんのようにレスキューレメディにもあまり反応はありませんでした。


9日に病院へ行ったときに「かなりグッタリしている状態の時病院へ連れて
来たら何か出来る事はあるか?」と確認したところ、点滴をするか酸素室へ入れる
くらいと伺っていたので、コジが15日の朝からしんどそうで別れの予感は
あったけれど、病院へ行くつもりはありませんでした。


最後は辛さを取り除く事ができるなら、ホスピスのような事が出来ればと
思っていましたが、朦朧とする意識のなか酸素マスクというような状況を
コジが望むはずもなく、コジの意志を尊重するのが最善と思えました。
旅立った時の様子は既にお伝えしてあるとおりです。


小さい動物の病気の治療は難しく、特に内臓疾患があるとどうしても
弱ってきてしまうので結果的には苦しい思いをさせてしまいました。
生きる力を全うするという事は叶ったかも知れませんが、治療としては
ベストだったのか、今でも分りません。

ただ、コジやモモの治療の記録やこの記事を読んでくださった方へお伝え
したいのは、やっぱりあくまでも一例で同じ治療をしても個体差は当然あるし
その子の状態や条件で治療も変わってくるでしょう。
中には容体が急変して急ぐように天へと旅立ってしまう子もいますが
どうか、ご自分を責めないでほしいと思うのです。

そして、季節ごとや年齢によって少しずつ変わる「普通の状態」を
見ていてあげてほしいなと思います。たとえ朝しか顔を合わせる事が
なくても動きやごはんの残し具合、ウンチの様子などを毎日見ていると
病気の始まりかもしれない「いつもと違う」に気付けることは多いと
思うのです。

皆さんと家族の楽しい時間が少しでも長くありますようにと願っています。

ネブとエアの最終形

久しぶりにコジちゃんの記事です!

今日はネブライジングとエアチャージの最終形は
こんなになりました〜というのをお見せします。


最初は嫌がってケースの中でジャンプしたり、なんとか
脱出できないかとソワソワ動き回っていました。
(その時の様子は「3月15日の記事」 や 「4月30日の記事」 をご覧ください)


それでも、続けているうちにだんだんと慣れてきたのに加え
体力も落ちてきて抵抗するのに疲れたのか、おやつと一緒に
入れてあげるとエアは20分くらいはOKでした。

ケースにはキッチンペーパーを敷いているだけです。
結果的に治療を受け入れてくれる形になって良かったです♪




携帯での再生はこちら

zoomeでの再生はこちら




失敗談も報告・・・(・∞・;;)

まだコジをキャリーに入れてネブ用ケースに入れていた頃
小さいキャリーの高さはシマリスが立ち上がったのと丁度同じくらい
なんとかして出たいコジはキャリーの天井部の網に歯をかけてカジカジ

でも、天井の高さと自分の身長が同じくらいなもんだから
今度は網から歯を外そうとしてもなかなかうまくいきません!
背伸びして上を向いた状態で身動き出来なくなってるコジを
見たときには軽くパニックになりました(≧ε≦o)

急いで救出しようとケースの蓋を開けたら自力で外せてました。
ネブやエアの治療中はずっと傍についてなくても大丈夫と思って
ちょっと目を離して家事をすることもあったので冷や汗が出る思いでした。

コジもちょっとビックリしていたようですが、怪我もなく大事に至らなかった
けれど、ハプニングや事故は「まさかそんなことをするなんて」という
人の予想や想像を超えたところで起きるものなんですね(´・ω・`)
本当にビックリしました〜(泣

コジちゃん通院 (5/9)

昨日はコジを連れて病院へ行ってきました
結果から報告すると、更に状況は厳しいものになってしまいました。
肝臓に2cmくらいのしこりが確認できたのです



先生にお伝えしたコジの様子としては…
・コブの大きさは変わらず
・呼吸も変わらず荒くて苦しそう
・食欲はあるが、体重は増えない(巣箱に貯食している)
・食べては寝てを繰り返し、あまり動かない
・脚も随分弱ってきた
・ネブライジングは週2、酸素吸入は週2〜3回
・4月28日から軟便 ウンチの色は黄色っぽい
 1日のうち2〜3時間程度でずっとではないが
 9日は朝から下痢(形にならない程度)
・5日にかなりグッタリしていたが、なんとか持ち直した
・薬は嫌がりいろんなものに混ぜても規定量飲めない事もあるので
 5日からは強制的に飲ませている



お話ししながら体重測定を触診をしてもらうと、体重は65gと
かなり痩せていてビックリしました。計り直してもらった程です。
食べているはずではありましたが、25日のケージリニュの時巣箱の
中をチェックしたら雑穀がたんまりと!

今まで秋でも巣箱に貯食なんてしたことなかったのにー
ここへ来てどういう心境の変化なんでしょうか?
日中はその場で雑穀も食べているのですが、夕方はほっぺをパンパンに
しておうちへ入っていくのを何度も見て嫌な予感はしたんです。
巣箱から食べてる音が聞こえないから・・・

で、確認してみてまさかの貯食…しかも春なのに?
食べても太らない理由が分って、少しスッキリしたと思ったけれど
それだけではなかったようです。



少し前からお腹がふっくらしているなぁ〜と気付いてはいました。
5日にグッタリしている時も頭や背中は撫でてもOKだったけれど
お腹は嫌がったんです。
口呼吸はしてないけれど、ガスでも溜まっているんだろうか?と
不思議に思っていました。

触診ではしこりが出来ているとの事で、先生の補綴で私も触らせて
もらいましたが、その大きさにビックリしました。
触診でお疲れ気味のコジに酸素を少し吸ってもらってからレントゲンを
撮ってもらいました。



肺の状態は前回(4月24日)と変わらず白くモヤモヤがあり
肝臓が大きくなっていて、触ると硬さもあるのでおそらく腫瘍が
出来ているでしょうとの事でした。

肺の状態は素人の私が見ても色の濃淡などで変化は分りますが
前回も肝臓の状態は説明されてもよく分らず、画像診断は
難しいのだなぁと思いました。今回はお腹のラインが丸みを
帯びていて、その膨らみが肝臓なんだ…?と思っても、私には
実体が見えず、変な気持ちでした。

持参して検査してもらったウンチはペースト状で形にならない程
でしたが、菌などの異常は見られず腸の治療薬は必要ないとの事でした。
前回も気になっていた歯の色ももう一度診て貰いましたが大丈夫でした。



肺の状態からするとカビの薬を続ける必要はなく、カビ原因説も
なくなりました。肝臓が大きくなったのも薬の影響ではなく
病巣が肝臓にもあると言うことが確認できました。

コブと肺と肝臓、この3つの因果関係はあるかも知れないし、無いかも
しれない。最後に症状が出て来た肝臓だけど、病気の始まりだった可能性も
あり、小さいうちから悪さをしていたかも知れない。
いろんな可能性があるけれど、調べられないので解らない。
現在出来るのは、なるべく進行を遅らせられるよう薬を飲むことだけです。

ウンチも肝臓の影響で軟便になったり黄色かったりするかもしれないと。
菌などはないので、整腸剤で治るものでも無さそうなんですが
時にはお尻が汚れちゃってお湯で湿らせたティッシュで拭いてあげないと
いけないくらいなのに、何もしないのもどうなんだろう?と思い
整腸剤のお薬も出してもらいました。

ただ、抗生剤と一緒に飲まない方が良いのでお薬は2種類
 ・抗生剤
 ・肝臓の薬+整腸剤+免疫力アップのミックス
これを少し時間をあけて飲んでもらいます




コジはとっても疲れやすいのか、何をするにも休み休み
呼吸も速いので辛そうなんですが、食欲はすごくあります。
通院したときも、いつもならキャリーに入れていくごはんは
食べたことがないのに、今回は少しずつ入れていったトウモロコシ
サツマイモ、ブドウ、豆苗を全て完食しておかわりの催促を
するほどでした。

相変わらず貯食も毎日少しずつしているようですが、それ以外でも
結構食べているのに体重が増えないのは、肝臓の腫瘍に栄養を
持っていかれているかもしれないと先生は言っていました。


それでも、コジは食べ続けているのはやっぱり生きる意志なんじゃ
ないかと思うんです。
そんなコジちゃん、ちょっとカッコイイね♪
k10-207





毛並みも悪くてホワホワで、足取りもおぼつかない時もあるけれど
コジはきっと完全燃焼するその時がくるまで、頑張るはずなので
私もセコンドの気持ちでコジを支えていきます!

みつばち花粉

先日、友達への手みやげを選びに立ち寄った『はちみつ専門店ラベイユ』で
ふと目に留まった商品がコジにも良さそうだったので買ってみました!

みつばち花粉
pollen-1



これは蜜蜂が巣に持ち帰った状態の花粉団子です。
多くの栄養素が含まれていて、自然界の中で最も完璧に近い食品
(パーフェクトフード)とも呼ばれているそうです。
詳しくはリンク先をご覧ください


ローヤルゼリーやプロポリスの有効成分としては薬の方があるんでしょうが
何と言ってもコジは薬に敏感!
アガリスクを止めてから何か免疫力を高めるものを取り入れたいな〜と
思っていたので、薬のようなものは苦手でも、これなら食べてくれるのでは?
と期待が膨らみました(´∀`*)ウフフ



ほんのり甘いみつばち花粉食べるかな〜?



携帯での再生はこちら

zoomeでの再生はこちら




まさかの惨敗(≧ε≦o)
美味しいと思うのに、味見もしてくれませんでしたー(涙
体にとっても良さそうなのになーーー



人が食べるなら、例えばヨーグルトにトッピングしても良いんですよ〜
pollen-2




ちょっと時間が経つと、じんわり溶けてきました
pollen-3




スプーンで混ぜると模様が描けそうw
pollen-4





ならば、コジのヨーグルトにも混ぜてみよう☆
pollen-5




と黄色いヨーグルトにしてみたら、全部残されちゃいましたΣ(・∀・|||)
匂いもそんなにないはずなのにーやっぱり番長は健在なのか…


サツマイモ団子に混ぜてみてもダメでした(・∞・;;)
番長健在の続編も近々紹介予定! はぁ〜〜〜




商品は違うのですが、ミツバチ花粉を動物にもお勧めしているサイトを見つけました。
栄養補給だけでなく、抗腫瘍、抗菌、免疫力UPなど効果があるようです。
あとは食べてくれれば…
飲み水に混ぜたら水も飲まないかな〜(・∞・;;)

酸素エアチャジャー

肺の悪いコジは上手に酸素を吸えていないので
ちょっと動くのも苦しいんだと思います。
そんな時は酸素室へ入れてあげると少し楽になるようなので
自宅でもエアチャージしています。

桃ちゃん用に買ったエアチャージャーを使って
ネブライジングの要領で酸素を吸入してもらいます。


air-1




この方法が良いのか分りませんが今やっている手順は
まずはコジを入れない空の状態で10分運転して箱の中を酸素で一杯にします。
次にコジを入れたキャリーを入れて10分運転し、コジに酸素を吸ってもらいます。


air-2





ちょっと嫌そうなコジちゃん、頑張っています☆



携帯での再生はこちら

zoomeでの再生はこちら




本当はもっと長い時間してあげた方が良いのですが、コジに負担がかかるので
今は10分にしています。レンタル酸素室というのもあって大きめなアクリル
ケースと酸素の装置を自宅に設置してもらう事も可能ですが、それでも小さい
ケージやキャリーに移さなければいけないことには変わりなく、コジが嫌がる
のは分っているので止めました。

レンタル酸素室でも、今使っているエアチャージャーでも酸素濃度は30%と
変わらないので気休め程度かもしれませんが週に2〜3回やっています。

コジは落ち着かなくキャリーからなんとか出られないかと思っていそうですが
チャージ終了後、ケージに戻すと普通にごはんを食べているので怖がって怯え
てしまうようなストレスは無さそうです。


相変わらずコジが嫌がる事ばかりしている私ですが、「これやったあとは
ちょっと楽♪」なんて思ってくれないだろうか…(・∞・;;)

コジちゃん通院 (4/24)

昨日4月24日はコジと病院へ行ってきました。
今までは月1回の通院でしたが、10日のレントゲンの状態が
良くなかったので1〜2週間後に間隔が短くなったのです。

以前より呼吸が苦しくなったのか、コジはかなり大人しくなり
じっと動かないでマッタリしている時間が多くなりました。

眠いのか、苦しいのか分らない時もあって、「大丈夫かな?」と
思っていると起きて食べ始めたりの基本は食っちゃ寝
脚も少し弱ってきたような事、ウンチの色が普段は茶色だけど
一日の中でも時々黄土色な事、歯の色が少し白っぽくなったよう?など
先生にお伝えして、体重測定と触診、レントゲン撮影をしました。


体重は前日の夕方の自宅軽量は78gでしたが、病院では73g
自宅のスケールよりたいてい病院の方が2gほど軽くなるんですが
(うちのスケール狂ってるのかな?)食べてるはずなのに体重減っちゃいました

ウンチは下痢などでなければ大丈夫、歯の色も正常範囲内との事でしたが
私の目には黄色っぽいけれど前より白っぽくなったように感じました。
レントゲンは肺は大きくは変わらず、若干黒く写る色が濃くなったような
感じではありましたが、画像診断的には良くなったと言える範囲でもなさそう
肺の機能的には「こんなに白いのによく頑張っていますね」のレベルらしい。
肝臓も少し大きくなっていると言われました。

前回も肝臓は少し大きめだったそうで(聞いてませんが)、お薬を飲んで
貰うためにナッツを磨り潰したものと混ぜているけれど負担になるような
量ではないと思うし、スタミノールも使っているけれどこっちもたいした
量じゃないし、カビのお薬は影響があると言われているけれど、規定量飲めて
いるかどうか?ってくらいなのに果たして・・・?

カビのお薬の効果の有り/無しを判断できるのはひと月くらい飲み続けないと
いけないので、2週間で薬を止めたくはない。と思い肝臓のお薬も追加されました。

コブの状況はあまり変わらずで、鼻付近の骨にも異常はありませんでした。
ネブライジングは前回の診察で効果を感じないようなら止めても良いと言われ
たのですが、薬剤があったので週2回のペースは変わらず続けていました。
もしかして、良くはなってないけれどやっていてこの状態で止めたらもう少し
悪くなるんだったら嫌だな〜と思い、今回も薬剤は頂いてきました。


と、総合的にはあんまり良くない状態のコジちゃんですが、病院の待合いでは
袋からずっと出ていてサツマイモを食べたりする余裕も見せてくれます。
帰宅したとたんにモリモリ食べ始めたり、通院は嫌な事ではあるけれど
すごく怯えたりはしないので助かっています。


お薬が増えてますます頑張らないといけない感じ…
コジに生きようとする意志が有る限り、私も頑張ります☆



*********************************************************************************


しかし、どうして毎日こんなに眠いんだ…
パソコンの前に座ってはいても、大抵は目を閉じちゃってるよ?
いろんな事が進まないったら! 一日って短いなぁ〜 グッスン

お薬飲んで〜! vol.2

相変わらずお薬が嫌いなコジたん
ヨーグルトも栗虫も残すようになってしまい、ヤクルトもNG(・∞・;;)
どうしようかと思っていた時、らっき〜ちゃんがバニラアイスならOKと
聞いてさっそくやってみました☆


他にも練乳も買ってスタンバイOk☆
お薬嫌いなコジに飲ませるベストチョイスは…



携帯用動画リンク

zoomeでの再生はこちら


コジは甘党じゃないので、やっぱり今のところスタミノールが一番の頼りです!
でも、そっぽ向かれちゃう日もあるので困っちゃいます(≧ε≦o)

健康食品と胡桃を磨り潰したものに一緒に混ぜたり、野菜ジュースや
最近また少し食べてくれるようになったヨーグルトになど、色んなものに
混ぜて少しずつ体内に取り入れて貰えるようにしています。

栗虫ちゃんんはお薬付けなくしても、何日かは警戒していましたが
また食べてくれるようになりました。嫌いなものには敏感なんですねー 
でも、アガリスクを止めてからは随分マシになったかなぁ…

週末にはコジをニギニギして強制的にお薬を舐めさせたりも
してみたんですが、とっても嫌がっていて私もちょっとブルーな
気持ちになっちゃいました(´Д⊂ヽ

病院でも無理矢理飲ませなくて良いとは言われているけれど
体の為には飲んで欲しい…でもでも、やっぱり毎日辛い思いを
させたくないから、騙し騙し舐めて貰おう☆

コジちゃん通院 (4/10)

先週の土曜日にコジを連れて病院へ行ってきました。
通院が始まったのが1月10日なので丁度3ヶ月目でした。

今までハッキリとは書いていませんでしたが写真や動画で見て
わかるように、目の上のコブは大きくなり、鼓動も動いたあとだけでなく
通常でもドキドキしてきていて病気の進行を止める事は出来ていないようです。



でも、不思議なのはコブは20日頃が大きさのピークだったようで
随分と横に広がっていて正面からは左目は見えない程に
横からみても目が小さくなっていたけれど(3月22日撮影)

k10-170




3月末頃には幅が少し小さくなってきて横から見ても目が少し大きく
見えるようになってきました(4月3日撮影)

k10-185





でも、2月から比べると確実に大きくなって膨らみは鼻先の方へと
拡大していて、涙目になることも時々あります

k10-189





病院へ行くときはこういう写真をなるべく同じ角度で撮ったものを1週間ごとに
4枚並べて正面編、横向き編の他、ごはんの写真など印刷して持参します。


ひと月分のコジの様子を伝えながらいろんな質問をし、たくさんお話ししてきました。

もう一度可能な検査とそれによって分る事と治療の選択肢、コジにかかる負担や
副作用、薬の種類や効能など聞きたい事がモリダクでした。


今回撮ったレントゲンでは肺の状態がだいぶ悪くなっていて、前回のものより
更に白くなっていました。それは均一の白さではなく、モヤモヤと濃淡があるような
もので、肺の機能的には半分くらいではないかとの事でした。

抗生剤の効果はあまり感じないけれど、治療としては飲んだ方が良く
体への負担も少ない安全性の高いお薬なので引き続き飲むことにしました。
抗生剤は飲んだり飲まなかったりする方が良くないらしいです。
時期的なものもあるかもしれませんが、3月に切り替えたお薬の方が
効果が見られないようだったので、1〜2月に飲んでいた種類に戻しました。

コジの症状が出たのはコブよりも肺の方が早かったけれど、今はもしかしたら
腫瘍からの転移で肺が悪くなっているかもしれません。その場合は抗生剤を
飲んでも良くならない可能性があります。

ただ、肺とコブが別物の可能性があるなら、もしかしたらカビが原因では?
という考えがどうしても気になっていました。
今住んでいるマンションは結露が凄くて暖房をしていない部屋でも大量の
水が垂れ、防止対策も無駄で毎朝の掃除が大変な状態です。


先生に確認したところ、肺の原因がカビ系のものだとしたら専用の薬を
飲まないと改善されないそうなので、可能性を確認するためにも
対カビのお薬も私の希望で混ぜて貰いました。
ひと月くらい続けないと効果が分らないのと、肝臓に少し影響があるとの事です。
これで効き目がなかったら、やはり腫瘍の影響という事なんだと思います。
お薬の量も増えて、コジの負担も増えてしまうけれど可能性が無くはないなら
試さないと後悔してしまいそう…という私の自己満足なのかもしれません。

ネブライジングは続けている割にはやった直後も特に楽そうではなく
嫌がるばかりなので、無理に続けず様子を見ることにしました。
これからのコジには酸素の方が必要かもしれません。
エアチャージャー効き目あるかなぁ…
気休めかもだけど、ネブ用のケースでやってみようかな?
でも、嫌がって落ち着き無く動いてしまう方がドキドキしちゃうかなぁ…
酸素室のレンタルのパンフレットも頂いてきました。


前よりも息苦しいはずだけれど、ホイールで走るのは好きなようで
若い頃のような爆走はしないけれど、ちょこちょこ走っています。
コブも痛みなどはないようで、触っても嫌がりはしないものの
たまにカイカイしています。


このまま改善が見られなかったら、少しずつ病気は悪化していくので
いろんな心の準備が必要かもしれません。
コジは癌なのかもしれませんが、手術で取り除くことは難しく
放射線治療や抗ガン剤も癌の種類によって効果実績のある/なしがあり
副作用もあるものなので体の小さいシマリスにとっては負担を考えると
やはり難しい治療になってしまいます。

確かめようがなく、治る事が難しい病気だからといって簡単に諦める
事はできません。なるべく体に良いものを摂ってもらって体力と免疫力を
アップさせてあげたいと思っています。
ただ、コジに体に良いものを食べる気があんまりないのが困りものですが…


これからは更に闘病日記になりそうです。
なかなか楽しい記事が書けないかもしれませんが、コジの生きている足跡は
やっぱり残してあげたいので、どうか一緒に見守ってくださると嬉しいです。
小鈴(poin改メ)
pp-1

6月24日生まれ A型
初めて結婚したいと思ったのが
近所の雌犬:ポインターのpoin
だったというエピソードを持つ
食いしん坊なリスバカです
小次郎
p2-k070722-465s

2004年春生まれ ♂
6月13日にお迎え(36g)
2010年5月15日 永眠

パンダ座りが得意で
ロン毛で匂いフェチな
愛妻家でした
病気と果敢に闘い完全燃焼
して天へと旅立ちました
(写真は2008年のもの)
小桃
p2-m071216-722s

2004年春生まれ ♀
8月29日にお迎え(80g)
2009年9月28日 永眠

コジから熱烈に愛され
私達とも仲良しで肩に
乗るのが大好きでした
今は空の上で5匹の天使達と
楽しく過ごしていると思います
(写真は2008年のもの)
Archives
コジモモ内検索 type A
コジモモ内検索 type B
twitter
facebook


Recent Comments
Blog Links blogpeople
Banner
ご自由にお持ち帰り下さい♪

banner-01

http://kojimomo.blog.jp/
Recommend
詳しくはこちらの記事を見てね☆


【送料無料】ザ・リス

【送料無料】ザ・リス
価格:2,520円(税込)




【送料無料】リス

【送料無料】リス
価格:1,050円(税込)







キクスイ 鳥餌専門店
kikusui



BIRD MORE 鳥専門店
bbirdmore



ドキドキペットくん
餌・用品通販サイト



ナチュラルラックス リス
 楽天最安通販サイト
■シマリス、タイワンリス、エゾリス、キタリス、モモンガ、ムササビなどに!【Happy Holiday's...




TAMAYA 小鳥かご専門店
tamaya



e−ペット屋さん
小動物専門店




きゃどっく
ペット用発酵食品
cadoc



パナキュールE
発酵パパイヤ加工食品
panacure



ネクトンS
鳥用総合ビタミン剤
Your gadget
booklog
message

名前
メール
本文
Access graph

    Access counter
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    QRコード
    QRコード
    attention
    詳しくはこちらの記事を見てね☆

    hantaiR165165



    • ライブドアブログ