6月下旬に再開したりすの家へ行ってきました!
2014年の大雪で施設が破損し休園になっていたりすの家が
今年の4月に再開したのです。やっと行ってこれました♪


トトちゃんも健在です
DSC_0025


歩道も整備され、ケージの外にはベンチも設置してあります
DSC_0024


以前は森のようだったフライングケージ内の背の高い木は無く
見通しはかなりよくなっています。
DSC_0065



来園者にはシマリスは見つけやすいと思うけれど、シマリスにとっては
どうなのかな?日陰が少なくて暑さは大丈夫かな?
DSC_0064



新しく設置され一番目立っていたのがこれ。
シマリスの生体を説明している展示です。
この中に本物のシマリスが一匹だけいますよ!
DSC_0058


裏から見たところはこんな感じ。
自由に出入り出来るようになっているようです。
DSC_0035




園内のシマリスゾーンの地面は大きいウッドチップが敷かれて
いましたが、すぐ下に土があって穴掘りが出来るようになっています。
DSC_0027



リスたちは寛いだり
DSC_0030


走り回り
DSC_0037


ご飯を食べ
DSC_0045


食べ
DSC_0050


食べています(なぜかクルミはそっちのけ)
DSC_0068


充分にご飯をもらってのびのびと過ごしている様子♪
DSC_0059


ケージの外が気になる子も相変わらずいて
DSC_0063



撮影に全然動じない子もいて・・・
DSC_0051


DSC_0052


DSC_0053


DSC_0054



シマリス達は全然人を怖がらなくなっていて、以前のりすの家を
知っている私達はとてもビックリしました。

人めがけて走り寄ってくるんです。多くの子が!
DSC_0034


匂いを嗅ぎ、靴に乗られたり
DSC_0033


もっと大胆な子は体を登ってきちゃうんですΣ(・Д・ノ)ノ
1467121900832



りすの家はエサやりは出来ず、シマリスと触れ合うことは出来ないけれど
自然の森の中にいるような様子が見られるところが良いと人気のリス園でした。
方針が変わったのか、何があったのか、職員の方に伺ってみると休園の間
ケージ飼いをしていたので人に慣れてしまったのだということでした。

事故は起きていないそうですが、園内にいる間ず〜〜〜〜っと足元にリスが
いないか、動く度に確認し一緒に行った友人に「後ろから来てるよ」などと
声の掛け合いが続き疲れました(≧ε≦o)
それほどにシマリスが走り寄って来るんです。

張り紙もしてあるし、職員さんも注意をしています。それでも事故は起きてしまい
そうで心配です。お子さんに「気をつけて」と声をかけているお母さんがいました。
シマリスをよく知らない人、ましてやお子さんには何に気をつけたら良いのか
分からないと思います。

これからりすの家へ行かれる方へ。
危ないなと思ったら具体的な注意の声かけをしてあげて欲しいです。
「走らないで」「後ろにリスがいるよ」などと。
リスに寄って来られたらどうしていいか分からなかったり、嬉しかったりすると
高速足踏みをする小さなお子さんがいるので特に気をつけて欲しいところです。

不幸な事故が起きないよう、多くの人に愛される楽しいリス園であり続けて
欲しいと願っています。