−−−△らの続き−−−

スタッフの皆さんは別の車で移動し、バスより早く到着しては
この立て看板を設置し、交通整理や案内をしてくれる。
どの方もとても親切に声をかけてくださり、おかげでツアーの
体験以外にも富士川町のことをより知ることが出来て愛着を感じた。
DSC04562


鰍沢三三会の袢纏
DSC04567



萬屋醸造店・酒蔵ギャラリー「六斎」
DSC04576


入り口の飾りが徳利とお猪口です
DSC04577


お酒のレクチャー中
小さなグラスを買うとそれで試飲の飲み比べができるのだけど
このあとの落語に備えてお酒は控えた。きっと眠くなっちゃうもん…
DSC04568


お神酒かな
DSC04569


限定発売の純米酒「鰍沢」
お燗が良いらしい♪
DSC04570


ラベルは三三さんの書
DSC04605


こんなところにもリスを見つけて反応w
DSC04571


二階のギャラリーでは登山家の写真展
DSC04573



交流センター「塩の華」
何年か前に雑誌でお勧めした記事が一緒に展示されてる
DSC04579


塩饅頭、皮がもちもちでしっとり美味しかった(*´∀`*)
DSC04611



復活!!富士川舟下り
ここがラストシーンで出てくる川ですよ〜ん
富士川は水量が下がっていて浅い所は20cm程度らしい
DSC04580


船2曹に分かれて乗船
DSC04581


ライフジャケットと日差しが強いので笠を借りて
(笠碁の笠ってこんなやつだよね?)
全然分からないと思うけど、一番の急流ヶ所!
DSC04583


船を漕ぐのを目の当たりにして、いかに大変かと思う
「船徳」「岸柳島」「夢金」なんかを思い出しながら風景を楽しむ

どこからともなく鳶が…
と思ったら船頭さんが油揚げを撒いて餌付けしてるのねw
DSC04587


さあ、だんだん集まってきましたよ
DSC04589


どんどん!
DSC04592


どんどん増えて!
DSC04593


急降下☆どひゅーん
DSC04594


油揚げ好きなのは鴨も一緒ww
DSC04595


再び、バシャーン
DSC04597


そして、鴨がおやつだ〜と大移動w
DSC04596



落語「鰍澤」鑑賞会
DSC04599


元々は昇太さんの落語会があったのだが、鰍沢は演らないので
「では出来る方を」というので呼ばれたのがきっかけなんだとか。
それが今では毎年続けられている「鰍沢三三会」 
地元の方に愛されてるなぁと感じた。
朝からツアーに同行してホスト役もこなしていた三三さん。普段の地方
公演とは違う疲れもあったと思うけれど2席を口演してくれた。

●「粗忽の釘」
 最近気に入っているんだな〜 この噺は連続3回め
 「鰍沢」はそれほど長い噺ではないので…と、それほど短くもない
 この噺を演ってくれるとは思っていなかったので嬉しい。
 落語会だけというお客さんもいるから、当初からそのつもりだったのかな。
 
 大きな箪笥を担いて引っ越しをするご亭主。昔、演歌歌手も担いてたなー
 とんでもなく粗忽者なのに、おかみさんを仕留めた時の勝負強さは凄い
 んだよね〜 ここぞという時は力を発揮するんだな、きっと♪

●「鰍沢」
 今日廻ったお寺などで聴いた話を上手にまとめて語ってる。
 「僕も今日知りました」なんて言ってた。練習する時間もなかっただろうに
 ぶっつけ本番なんだろうな〜 こういうのを才能というのかな。

 日中も夏日とうくらいの暑さのせいなのか、ここで笑いおきる?と思うところ
 で度々笑い声があり、いつもより明るくて、今までで一番笑いの多い「鰍沢」
 だったと思う。鰍沢の地は実はそれほど雪は降らないそうだけど、民家も
 辺りになく、吹雪の中の閉ざされた空間というシチュエーションは緊張感が
 あり外せないと思う。
 早朝からの一日の疲れが出たのか、あんまり集中して聴けなかった(≧ε≦o)
 暑い日差しを浴びたあとでなく、今日も寒かったね‥と言う日にもう一度聴きたい。

DSC04598



JR身延線「鰍沢口駅」解散
三三さんは私服だと甥っ子に似てると言われることが多いという。
和服を着てないと誰だか分からないと思われそうだが写真もOKですから
声かけてくださいと言われていても、なかなか言い出せなくてーーー
スタッフの方からも「師匠と写真撮れたの?」と聞かれて「休憩してるっぽいから
あとで・・・」なんて言ってたら機会を逃してしまい、落語会が終わったあとは
お客さんだけバスで駅へ。ガックシしていたら、ホームに三三さんが到着!
同じ電車で帰るんだー!!

お疲れのところすみません・・とお願いして記念撮影☆
DSC04600s


スタッフの方が2枚写してくれました(∀`*ゞ)
DSC04601s



企画のツーリストジャパンの方、鰍沢三三会の方、地域活性化関係のスタッフの方
協力のざぶとん亭の馬場さん、皆さんとても優しくて温かく迎えてくださいました。
三三さんは本当にホスト役に徹していて、こんな風に気を配ってくれるんだ…と
人柄を感じることが度々ありました。
おかげ様で終始気持ちよく過ごす事ができました。富士川町の事を色々と知ること
ができて(沢山の種類の洋梨、鹿・スッポン・米の話、ダイヤモンド富士
も見られるそうです)できれば違う季節にも訪れてみたいと思っています。

一人で参加したので緊張していましたが、普段人見知りの私でも(そうとは気づかれ
ないくらいだと思ってるw)観光中もバスの車内でも、昼食中でも廻りの方々と色々と
お話しできて楽しかったです♪