唐突ですが、まずはこちらをご覧下さい。


携帯用動画はこちら


これは6月1日、1回目の退院後の様子です。
いかんですねぇ〜桃ちゃんのカジカジが始まってしまいました。
この力を入れて噛んだり踏ん張ったりは傷には良く無さそう…
狭いキャリーに入れられているのが嫌なんですね。
お腹切ったばかりとは思えない元気っぷりです。


桃ちゃんの術後快復の為にあまり動き回らない環境をと考え
大きめのプラケースを考えていましたが、毎日通院の必要があり
4日の週は夫が仕事で毎日外出するので電車で持ち運べるキャリーを
当面の桃ちゃんの住まいにしようと考えました。
ただし、ケージの様な柵があるものはNG…と言うことで


桃ちゃんの住まいはこれになりました!今まで使っていたキャリーの
高さがあるタイプで、本来はハムスター用の製品です。
このくらい高さがあると水飲みボトルが付けられるし
桃ちゃんも立つことが出来ます。
移動中の屋外で私が転んだり、誰かがぶつかって来てキャリーの留め具が
ずれたりしたら大変なので、長いマジックテープを巻き補強しています。
carry-10


持ち運びには結婚式の引き出物を入れてくれる大きくてマチの広い手揚げが
大活躍しています。底にバスタオルを1枚畳んで敷き、もう1枚のバスタオルで
キャリーを覆い薄暗く桃ちゃんから外が見えないようにします。
carry-11



側面は柵状だったのを外し、アクリルに穴空け加工をしたものをはめ込んでみました。
歯が入るような大きさの穴だとまたカジカジしてしまうので小さい穴を沢山あけ
おやつを投入出来るよう片側2ヶ所ずつ大きな穴をあけてあります。
carry-05


餌入れは手持ちのキャリーの分もいれて3つ、本来は左下の角にあるピンに
刺して固定できるのですが、桃ちゃんの鼻力の前では意味なし(汗
carry-02


なので、ケージの底と餌箱の容器に3ヶ所ずつマジックテープを貼り
固定出来るようにしました。
carry-01


一個目はドライフード、2個目はフルーツと野菜、3個目はヨーグルトを
入れてみました。セット完了はこんな感じです。
carry-03



お掃除の時はトンネルを付けて、小さいキャリーに移動してもらいます。
トンネルにも穴をあけ、棒を3本刺しておけば桃ちゃんは出て来られません。
のはずだったけれど、頭の良い桃ちゃんは針金を口で抜いてしまいます
carry-12


仕様変更、キャップを付ける事に。これなら桃ちゃんには開けられません。
carry-15


こんな風に使うことは無いんだろうけど、せっかくなので全部繋げてみました☆
carry-17


こんな感じで桃ちゃんの住環境を整え(全部夫が考え加工してくれました)
毎日病院へ消毒に通っています。今週は夫も外出ばかりなので、会社に
お願いして私は桃ちゃんと同伴出社をしています♪
私のすぐ横に椅子を置きその上にキャリーを乗せ半分くらいバスタオルをかけ
糸を囓らないか桃ちゃんを視界の隅に入れて仕事をしています。

私がいる部屋は製図室となっていて、私を含め3人なので静かなものですが
慣れない場所に桃ちゃんは緊張してか借りてきた猫状態でとっても大人しい。
ストレスを感じているかもしれませんが、傷を治すには丁度良い気もします。


昨日はどう見てもギュウギュウだけど落ち着くのか餌箱にハマってました。
m070605-2


でも、家に帰ってくるとホッとするみたいでガツガツごはんを食べ始め
出せ出せと元気よく動いています。出してあげられないのが辛いですが
それもたぶんあと数日。もうしばらくの辛抱です。

※2012年7月 再更新
 FlipClipが終了に伴いブログの動画が再生出来なくなったため
 動画をYoutubeにて再度アップしました。